« Tony Kaye & Billy Sherwood 来日決定! | Main | ランチバイキングぅ♪ »

パラダったー(12)

パラダったー

前は何十回、いや何百回と通っているのに
実はお初なんだな

周りは全然雪景色じゃなくて
リフトの下も枯れ野原ですが
イマドキの人工降雪機は捨てたもんじゃありません

コースもちょっと幅が狭いけど
距離も斜度もそこそこあるし
思っていたよりずっと滑りやすかったです

そしてクラブの皆さんと今シーズン初めてのスキー
え?なんで峰の原じゃないのかって?

……去年の夏に悲しい事故がありまして……

ずっとお世話になっていた峰の原のロッジが燃えちゃったんです(T_T)
なので今年はクラブの重鎮の方がやってらっしゃる
佐久の某○○ホテルに泊めていただき
上信越道近辺のあちこちのスキー場に出没してるのですが
今回は特大寒波を避けて一番天気良さそうなところにしたわけ
(最近こんなんばっかだな)

でもって
久しぶりのI先生&W先生のレッスンでしたが
スキー学校の常設レッスンに馴れちゃったのか
アプローチの違いに戸惑ったり

I先生からは
「切り替えの時谷側の手を前に出す」というアドバイスをいただき
やってみると切り替えがスムースになって
これはすっごくハマったのですが

W先生はいきなり「滑らないで下りてください」

え???なに?(^-^;

実際の練習としては
「ニュートラルの時に両足を後ろに引く→外足を働かせる」
というのをやったんですが

これがなんだかよくわからない(@_@;)

たしかにそのタイミングで足を引くと
外足に圧がかかるポジションに乗れてるような感覚はあるんですが
「スキージャンプみたいに思いっきり引いてみて」とか仰るので
そうすると踵が浮いちゃったりして
これでイイわけないよなぁとか悩んでみたり

「とにかく今までの滑りは忘れて、言われた通りにやってみなさい」

やってみて、その中から感覚を掴めばいいっていうことなんですが
考えてみれば以前からウチのクラブってこういう指導法で
以前はこれでやってて楽しかったし、もちろんこれで上達したんだけど
最近は何のための練習をしてるのかわからずにやってると
なんだか不安になっちゃうんですよね~

その中で唯一具体的なご指摘は
「体から外足へ力が伝わるラインが左右で違うので、それは自分で調整するように」

それはたぶんピリカで言われたのと原因は一緒なんだな…(^-^;

|

« Tony Kaye & Billy Sherwood 来日決定! | Main | ランチバイキングぅ♪ »

スキー」カテゴリの記事

Comments

教わる側の論理
教える側の論理
微妙なずれ、
みたいなものかなぁ

養成講習もいろいろ講師一人に
十数人の受講生という状況で
時々見受けるよ。

もっとも、それとはちょっと違う
と言われてしまえば、そこまでですが。

Posted by: 道民 | February 09, 2011 at 07:26 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27549/50725974

Listed below are links to weblogs that reference パラダったー(12):

« Tony Kaye & Billy Sherwood 来日決定! | Main | ランチバイキングぅ♪ »