« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

スキレポ反則技(笑)

今年のスキーシーズンもやっと終わりですぅ~。レポートがこれだけたまってしまうと、古いほうから書いてたんじゃ埒があかないので、記憶が新鮮なうちに一番最後を書いてしまいました。お許しくださいませ。残りはぼちぼち埋めていきますので、お待ちくださいね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #45

★5月29日(日)かぐら・みつまたスキー場

05-05-29_14-26ついに今シーズンの滑り納めです。女子オフ仲間のCさん&Cさんのお師匠のKさんにかぐらでご一緒させていただきました。前日がバンドのライブで、会場で3時まで打ち上げやって、宿泊先の本庄のホテルで寝たのが4時、起きたのが7時半、ホテルを出たのが8時半。寝不足と二日酔いでもうへろへろ。でも行くのだ、そこに雪がある限り(笑)

てなわけで、かぐらでCさんと落ち合ったのが11時半。それでも10本位滑ったかなぁ。朝のうちは整地もあったらしいのですが、わたしが着いたときには予想通りどこもかしこもコブコブ。コブはタダでさえ体力が要るのに、体は脱水+酸欠状態で、ちょっと滑ると心臓バクバク(笑)ハァハァ。いつものようにキレイにズラしなから優雅にスイスイとコブを下りていくCさんと、準指&テク持ちだというKさんの見事なバンク滑りを呆然と眺めつつコブの真ん中で立ち尽くすわたし(メーワクだってば)。午後からはKさんのお友達も合流したのですが、皆さんホントに上手くて。一方わたしはといえば、ここでレッスンしたはずのコブの滑り方もすっかり忘れてしまい、コブはどこ~?ラインて何~~??状態で皆さんの足を引っ張ってしまいました。スミマセン。和田小屋でお昼を食べてお昼寝して、何本か滑っているうちに、やっと体調が戻ってきて正気を取り戻した(笑)のが3時過ぎ。ああ、もう終わっちゃうよ~。Cさんのアドバイスのおかげで、最後の2本でちょっぴりコツを思い出し、なんとかそれなりに滑れたので、まあいいか(苦笑)来年こそはコブが上手になりますようにと、かぐらのコブ斜面にに祈りを込めて、メインゲレンデを後にしました。

しかし、かぐら・みつまたはここで終わりません。今年は雪が多いので、なんと最終日なのにシャトルバスじゃなくて連絡コースでロープウェイ乗り場まで滑って行けるんですよ。とはいえこれがすごいコース。草あり泥あり岩あり水溜りありの細~い一本道で、板がVolantだったら絶対ゴンドラで下りてみつまたは板担いで歩いたでしょう。実際途中から担いでた人もちらほら。でもいいの、「底」はこーゆー時のために買ったんだから。えーい、行っちゃえーーー!と勢いで下まで滑り倒したら、Kさんに「アグレッシブな滑りですねぇ」とホメ…もとい、呆れられてしまいました。

帰りはCさんと一緒に苗場の「三国峠温泉 峠の湯 御宿本陣」で温泉♪ここは旅館の日帰り入浴なのですが、なんと貸し切り状態で、ぬるめのお湯がとっても気持ちよかったです。薬湯の露天も不思議な香りがして面白い♪ここは穴場かも~。今度はフジロックの帰りにでも寄ろうかな~。

シーズンのラストをご一緒してくださった、Cさん、Kさん、どうもありがとうございました。特に今シーズンCさん&女子オフ仲間の皆さんと一緒に滑ったことは、とっても刺激的で、いろんな影響を受けました。皆さん本当にお世話になりました。来年もぜひまた一緒に滑りましょうね~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #44

★5月22日(日)志賀高原スキー場(横手山・渋峠)

05-05-22_13-31050522_133100今年は連休に一大イベントがあったので、もうスキーは終わりな気分になっていたのですが、クラブのW先生&I先生のゴールデンコンビがいらっしゃるというので、相方さんと4人で滑り納めに行ってきました(わたしは翌週もありますが)。志賀高原で営業しているゲレンデも、横手山と渋峠の一部だけになってしまったので、リフトが特別料金になっていました。リフト券もいつものICカードではなくて、コピーの紙切れ一枚です。これはこれで貴重かも。

05-05-22_14-38横手山はキングコースと第2ゲレンデだけの営業で、要は山頂から第2リフトまでの1本なんですが、少し荒れてはいるもののコブにはなってなくて、わりと気持ちよく滑れました。先生方も今日はレッスン抜きでシーズン最後の滑りを楽しんでらっしゃる様子。でも残念ながら途中で雨が降ってきちゃったので、横手山山頂ヒュッテで雨宿りも兼ねてランチタイム。いつも売り切れだったきのこ雲セットをやっと食べられて嬉しかったです♪

05-05-22_13-29雨がなかなか止まないので、こりゃ渋峠を1本下りて終わりかな~と思ったのですが、渋峠のたっぷり残った雪を見たら(今年は6月5日まで営業するそうです)やっぱり名残惜しくてもうちょい滑ろうということに。そしたら雨もちょっと小降りになってきて、そこへ大きな音でサイレンを鳴らしながら圧雪車が上がってきたぁ!わ~い、ラッキー♪圧雪したてのフラットなバーンはやっぱり気持ちイイ~~♪シュプールいっぱいつけて、今シーズン最後の整地を思いっきり楽しんじゃいましたとさ。めでたしめでたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #43

★5月5日(木)関温泉スキー場

5月のレポートを10月に書くのもなんだかな~ですが(笑)、3日目は山登りはナシ。3日も続けて山登ったら信者います、もとい、死んじゃいますってば。今日は関温泉スキー場でテレマークスキーの試乗会♪テレマークって、ホラ、あのカカトの浮いたスキーです。もちろん初体験だもんね。最初に板履いて前に歩こうとしたらいきなりカカトが浮いてコケそうになったり(笑)

まずはbottomlineの店長さんがワンポイントレッスンしてくれました。最初はカカトを上げずにフツーに滑ってみます。コレは案外カンタン。つうか、カカトつけて滑ろうと思えば滑れるのがなんだか不思議なカンジ。でもって、いよいよテレマーク滑り。コレがいきなり難しいんですわ。まあ一応スキーなんで、スノボの時みたいにコケまくったりはしませんでしたが、外足が前!!ってのがいやはやなんともカルチャーショック。しゃがむようにするといいというアドバイスを受けてやってはみるものの、どうしてもアノ姿勢にならず、ウンコ座りになってしまい恥ずかしいったらもう(笑)何本か滑っているうちに、ちょっとだけなんちゃってテレマークなカッコになってきたのでまあいいか、ってなところで試乗会は終了。う~みゅ、来年はもう少し習ってみたいものです。

お昼は今日のメインイベント、スキー場内の食堂「かのうや」さんにて打ち上げパーティ♪ここがなんともまた不思議なお店で、見た目はフツーのゲレ食堂なんですが、出てくるお料理は高級レストラン並み、いやそれ以上に謎のスゴイメニューでビックリ!いや~メチャクチャ美味しかったですぅ♪しかもこの謎のメニューを制覇してカードを集めると、さらに隠しメニューがあるというから怪しさ満点。オフシーズンは「リストランテかのうや」として営業しているそうで、こちらも一度食べに行きたいなぁ…。

超グルメなランチに大満足した後は、自分の板でもうひと滑りして、もちろん温泉にも入って、とっても楽しい3日間のイベントは終了したのでした。bottomlineの店長さん、SARCのKさんはじめスタッフの皆さま、宿泊先の「グリーンヴィラ」の方々、そしてイベントに参加されたすべての皆さまに感謝を込めて、この季節外れのレポートを締めくくらせていただきます。本当にありがとうございました!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #42

★5月4日(水)三田原山

2日目は今回のメインイベント、妙高三田原山登頂だぁ~。朝6時に宿を出発して、すでにクローズしている妙高杉ノ原スキー場の中を車でずーっと行って、三田原山の登山口付近に到着。ここから昨日と同じく板を担いでスノーシューを履いて、林の中を延々と登り…登り…登り…はぁはぁ…半端じゃなくキツイよぉ(泣)昨日の疲れが抜けきっていないようで、だんだん足どりも重~く、気持ちもどんより暗~くなってきます。bottomlineの店長さんが「そういう時は頭の中で楽しい音楽でも流すといいよ」などと励ましてくれるのですが、流れてくる脳内BGMは延々ツェッペリンのカシミール(苦笑)暗い、暗すぎる!これじゃまるで軍隊の行軍だよぉ~。ジャジャジャン、ジャジャジャン、ああああああ、もうダメ。歩き始めて30分もしないうちに、足が止まってしまうという情けなさ。体力もないけど気力が萎え萎え。見かねた店長さんが助け舟を出してくれて、若いスタッフの方に板を持っていただくことに。その時は知らなかったんですが、この方、雑誌にも出ているプロスキーヤーの方だったという…ああ無知ってコワイ。

でもそのおかげで相方さんとドン尻を競いつつ(笑)なんとか頂上まで辿り着くことが出来ました。目の前にそびえる妙高山に感激!眼下に広がる素晴らしい景色にさらに感激!ビールもうまいぜっ!!

さあいよいよ下りです。さっきまでの苦労もすっかり忘れて期待に胸が躍っちゃうもんね。頂上付近は風が強くて歩くのも大変だったけど、いざ滑り始めれば風を切ってイヤッホー!なんちって現金なもんです(笑)上のほうは木がなくってすっごくいい斜面♪途中からは沢づたいに下りて行きます。自然のハーフパイプみたいで面白い~☆でもときどき雪が解けてて下の流れが見えてたり、大きな岩があったり、突然滝があったりと、なかなかスリリング。先頭のガイドの方が注意深くかつ大胆に滑っていくシュプールを一生懸命たどっていたら、気がつけば、登るときはビリケツだったウチら夫婦が下りるときは一番最初(爆)すみませんっ。

出発地点まで戻ってきたときにはもう足はガクガクでしたが、達成感で心は晴れやか!気持ちよかったです♪夜はもちろん関温泉での~んびり疲れを癒して、その後ほんとは皆さんと宴会で盛り上がりたかったのですが、もう体力の限界で、夕飯もそこそこに深い眠りに落ちてしまいました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #41

★5月3日(火)関温泉スキー場~神奈山

レポートがメチャクチャ遅くなりましたが、今シーズン最大のイベントはやっぱりコレ!なんとバックカントリースキーに初挑戦です♪おなじみ練馬のチューンナップショップ、bottomline主催のイベントに参加してきました。

バックカントリーというとテレマークって思うんですが、別にカカトのついたスキーでも、スノボーでも行けちゃうんですね~。今回はテレマーカーもいれば、フリーライドやファットスキーの方もいるし、わたしや相方さんみたいなアルペンスキーヤーもいればボーダーもいるというごちゃまぜ20数名の大所帯。そのうちバックカントリー未経験者が約半数という集団を1人の怪我人も脱落者もなくガイドしてくださったスタッフの皆さまには本当に感謝です。

初日は体験コースというカンジで、関温泉スキー場のリフトで上がって、そこから1時間半ほど歩いて神奈山へ。リュックを挟むようにスキーを固定して背負い、スキーブーツのままスノーシューを履いて歩きます。これが慣れないとなかなか難しい…。板は枝に引っかかるわ、足もとは滑るわ、しかも普段山なんぞ登ったことのないわたしにはとにかく登りはキツイ!!ハァハァ。

でも、途中数回の休憩を挟みつつ、何度も足を止め、息を切らしながら、やっと辿り着いた山の上で飲んだビールはもうサイコーでした♪ゆる~いカンジのレゲェなど流しつつ、昼食&小宴会。はるか眼下にスキー場のリフトが見えます。うわぁ、こんなに登ってきたんだ~。すげ~。

さあついに下りです。さすがにこの時期なので新雪とはいきませんが、それでも雪はたっぷり。もちろん圧雪もなんにもしていない自然のまんまの雪です。出だしは結構広い斜面で、キモチイイー♪でもリュック背負って滑るの初めてだったので、バランスとるのにちょっと戸惑いました。途中からは林の中をトラバースしたり、スイッチバックしたり、横滑りしたり、お尻で滑ってみたり(笑)ホントにこんなとこ滑るのーー?!っていうとこもあったりして結構大変。でも個人的に一番コワかったのは、立ち木の間を抜けていくとき。木の周りって穴になってるんで、滑るとこ狭いんですよ~。

そんなこんなで1時間ほどでスキー場の敷地内まで下りてきて、締めはビバークとビーコンの講習会。まずはスタッフの方がご自分の装備をひとつずつ取り出して説明してくださいました。次から次からいろんなものが出てきます。本格的にやるにはこれだけの装備が必要なんですね。う~みゅ、深いです。でもホントは今日みたいなコースでもビーコンとスコップくらいは用意しないといけないんですよね…。ちょっと反省しつつ、スコップを借りてビバークの練習。いざというときには木の周りの穴に沿って雪を掘って積みあげて、その中に入って風雪をしのぐんですが、この雪掘りがとにかく固くて大変。遭難だけはしたくないとつくづく思いましたです。はい。

ビーコンというのは雪崩のときに使う発信機で、これもバックカントリーの必需品。使い方の説明の後、実際に1個雪の中に埋めて、みんなで探すというゲームをしました。5分以内に見つけないと埋まった人は死んじゃう!!んだそうですが、これがなかなか見つからない。雪崩にだけは遭いたくないとつくづく思いましたです。はい。

とにかくハードな1日でメチャ疲れましたが、関温泉のお湯はほんとにキモチイイ~♪明日はいよいよ妙高の三田原山に登ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #40

★4月30日(日)志賀高原スキー場(焼額山・一ノ瀬ファミリー)

一夜明けて峰の原のロッジから再び志賀へ。今日はクラブの皆さんと一緒です。今日こそI先生にじっくりコブを仕込んでもらわにゃ(笑)この日はボーダーくんもいたので、まずは焼額山へ行ったのですが、コブが全然な~い!溶けちゃったんですかねぇ…。つまんないので一ノ瀬へ移動(笑)こっちは練習にはもってこいのいいコブが育っていました。最初個人的なことでちょっとイライラしてたので、ムキになってコブと格闘してたんですが、やっぱり上手くいきませんねぇ…。結局I先生の後についてコブの腹を舐めるようにバターナイフ滑り。やっぱりこれが基本でしょ。最後に一本くらいは挑戦するようにと言われ、溝の中に飛び込んでみましたがあえなく玉砕(泣)センセー、そのパッ、パッ、パッ、パッ、パパパッ!っていうのはいったいどうやったらできるんですかぁ~?!?!ううう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #39

★4月29日(土)志賀高原スキー場(熊の湯・笠岳)

先週は観光モードしてしまったので、この週は心を入れ替えて(笑)練習モードです。春の志賀で練習するならやっぱり熊の湯でしょ~。ということで相方さんと2人で行ってきました。しかしやたら大学のスキー部とかスキークラブとかデモキャンプとかでレッスン入ってる人が多いな~。どっかのショップの試乗会もやってるし、オタクモード全開なのよねぇ。ゲレンデに漂うザ・基礎スキー!(笑)な雰囲気にのまれてしまい、1本目からいきなりコブ行こうとして相方さんにたしなめられたり。結局第1リフトの右端から順番に1本ずつ滑っていったのですが、半分はコブ斜面。いや~、どこもいいコブが育っちゃって…あたしゃこんな子に育てた覚えはありませんよっ!てなわけで、またしてもかぐらの成果はどこへやら。相変わらずコブに合わせた素早い切り替えができましぇん(泣)時々上手くいくときもあるんですけどねぇ…。相方さんにコーチしてもらいながら、全コースビンゴしたところでランチタイム♪ココに来たらもちろんビーフシチューです。ウマー。

ランチの後は隣の笠岳がまだやっているというので行ってみたら、なんと貸し切り状態。連休前はお休みしてたみたいで、雪はちよっと汚れてるけど滑った跡はごくわずか。これがメチャ引っかかる雪でじぇんじぇん滑りましぇん。でもこーゆー雪でもちゃんと滑れるポジションがあるようで、相方さんはひとりでスイスイ行っちゃうのよねぇ…。悔しい。

ふたたび熊の湯に戻ってコブを何本か滑って、女子オフ仲間のCさん&Kさんが渋峠にいるようだったので行ってみようかな~と思ったのですが、横手山のほうを見たら厚~い雲に覆われてて、こりゃ行ってもガスって何も見えないわ…。とか言っているうちにこっちにもガスが降りてきたので、ここでオシマイにしました。今日はよく練習したねぇ、お疲れお疲れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週は観光モード♪2005シーズンスキーレポート #38

★4月24日(日)志賀高原スキー場(横手山・渋峠)

なんと約1ヶ月ぶりのスキレポです。こんなに間があいてしまうと記憶も薄れちゃってますが、なんとか頑張って書いてみっかぁ~(笑)

05-04-24_14-07観光モード2日目は、いつもの志賀高原です。3日前にに志賀草津道路が開通したので、名物の雪の壁と白根山の湯釜を見物して、草津での~んびり温泉に入ろうというプラン♪今日はスキーはついでだもん(笑)まずはとりあえず横手山へ。ここはコースごとに特徴があって、緩斜面だけど静かで人が少なくて雰囲気のいいクイーンゲレンデ、適度に斜度があって小回りの練習にもってこい(だけど今日はレジャースキーだから練習はほどほどにね…笑)の第4ゲレンデ、ひたすら気持ちいい第2ゲレンデ、すり鉢状の狭い通路がイマイチ苦手なキングコース、そして手強いコブ斜面のジャンボコース…思わずついコブもう1本!とか行きそうになりましたが、今日は練習しに来たんじゃないから…(苦笑)というわけで、横手山山頂ヒュッテの雲の上のレストランでとっても美味しいボルシチをいただきながら、優雅にランチタイム♪

05-04-24_16-07午後からは渋峠に移動。横手山からのシンプルコースがこの時期には珍しくまだ営業していて、移動も楽チン♪トロピカルコースやブラインドコースもシーズン終わりにはクローズしてしまうので、いつもあまり行けないのですが、今年はまだまだ大丈夫。木がいっぱいあって、昨日の野沢に続いて木立ちの中を楽しく滑りました。ほとんど貸し切り状態だし♪

05-04-24_16-27スキーは早めに切り上げて、渋峠のヌシ?のインディくんにご挨拶して、開通したばかりの志賀草津道路へ。今年は思ったとおり見事な壁です♪例年の倍くらいありそう。壁をよじ登っている若者(バカモノ?)もいたりして。途中で白根山の湯釜に立ち寄りましたが、駐車場から湯釜までの道がまだちゃんと除雪されてなくって、上るのが大変でした。ミュールで上がってくるつわもののお姉さんとかもいましたけどね~。湯釜ってはじめて見たけどすごいですねぇ。キレイな緑色してて、なんか巨大な草津の湯ってカンジ。熱いのかしら…?

ラストはいつもの大滝の湯での~んびり温まって、すっかりじょんのびモード。おつかれさまでした~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライブするよ~ん♪

どーせ誰も来られないだろうからお知らせ書いちゃうのだ(笑)明日ウチのバンド「ヱビス」の初ライブやりま~す。Yで始まってSで終わる3文字のバンドのコピーバンドです(笑)歌は調子っぱずれですが、演奏はそこそこイケてると思いますよん。アナログキーボードに興味のある方はお宝が見られること請け合い♪暇もてあましている方は見に来てね、といちおう言ってみるテスト(古いっ!)

場所:伊勢崎トレビート地図
日時:5月28日(土)7時開演 3バンド出てウチのバンドは9時くらいのスタートだと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

若葉のころ

05-05-21_14-52ウチの近所の都電沿いのバラが満開です。風薫る5月、爽やかでいいですね~。というわけで、ページも模様替えしてみました。でもまだスキレポの残りがあるんだよなぁ…(笑)あ、厄祓いオフレポのパート2も書かにゃ~(汗)う、明日はライブだぁ~(大汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐野厄祓いオフ♪レポート パート1:厄除け編

05-05-15_10-51日曜日に念願かなってやっと佐野厄祓いオフを行いました。佐野厄除け大師→佐野ラーメン→みかも山公園→佐野プレミアムアウトレットという欲張り企画です。この手前勝手な企画になんと7人(+お子様2人)もの方がいらしてくださって、感謝感激でございます。つたない幹事を皆さまがサポートしてくださったおかげで、なんとか最後のアウトレットまで無事に辿り着けました。本当にありがとうございました~。唯一残念だったのは、参加予定のSAGAさんが前日いきなりお車の故障で来られなくなってしまったこと。早く修理が終わって、また元気な姿を見せてくださいね~。

前日やっと夏仕様に戻して、ちょっぴりスポーティになった206で相方さんと出発♪まずは東北道の羽生PAへ向かいます。9:15の待ち合わせだったので、余裕を見て8:00頃に家を出たのですが、8:45には着いてしまいました。いやん、早すぎ。と思ったら、ここで落ち合う予定のはぎどんさんはすでに車の中で休憩中。みなさん早起きなようで…。ここで軽く(相方さんは軽くなかったけど…笑)朝食を取って、佐野厄除け大師へ。

佐野厄除け大師も初詣は相当混雑しているようですが、普通の週末は案外空いていました。境内に駐車できちゃうくらい。というわけで、さっそく厄除けの申し込み。普通の厄除けは3000円からなのですが、交通安全祈願を申し込んだら、なんと人間の分が5000円、クルマの分がさらに5000円という…お大師様、高すぎますぅ~。相方さんとはぎどんさんも(お付き合いありがとうございます)それぞれの厄除けを申し込んで、待合室で待っていたらすぐに順番が来ました。ご祈祷は厄除け・祈願の種類にかかわらずみんな一緒に受けるんですね~。30人ほどの人が本堂に入って、お坊さんが火を焚いてお経を唱えた後、順番に申込んだ人の住所氏名生年月日祈願の内容を読み上げていきます。うう、トシがバレる(笑)その後、黙祷の時間があって、ここで皆それぞれのお願い事をするのですが、お坊さんによるとお願い事はなるべく具体的に、ピンポイントでやるのがいいんだそうで。あと自分の住所氏名生年月日も忘れずに唱えるようにとのこと。お大師様は住民票や住居表示を見てウチまで来てくださるのでしょうか…?

05-05-15_10-50ご祈祷の後はお札をいただいて、炎の前で煙を身体に擦り込んで、普通の人はこれでオシマイなのですが、わたしは続いてクルマの厄除けです。あらかじめ本堂の前の参道に車を停めておき、お坊さんが車の前まで来てお経をあげてくれます。ドアを全部開けて、棒の先にお水をつけて車の中を清めてくださいました。この間わたしは合掌していないといけないので、撮影は相方さんにお任せ。ぷじょとお坊さんのツーショット、なかなかカワイイっす♪

05-05-15_11-04ここでウラコさんと合流して、みんなで境内をぶらぶら。箒を持ったお地蔵さんとか(カワイイ!)お願いごとを書くたわしとか、いろいろ不思議なものがありました。絵馬に書いてある人のお願いごとを読むのもなかなか面白い♪結構みんなで盛り上がってしまいました。

…といったところでパート2に続く。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

夏支度♪

厄祓いオフ@佐野に備えて、206を夏仕様にしてきました♪スタッドレスをノーマルタイヤにして、キャリア外して、オイル交換しただけですが。スキー板もbottomlineにチューンに出したし、木曜からテニス教室も再開したし。遅ればせながら、冬モードから夏モードへの切り替え中です。

ではでは、佐野オフご参加の皆さまよろしくお願いしま~す♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大阪の友人が

ジェスロ・タルを見に東京に来てるので、渋谷公会堂の前のドトールで終演を待っています。もうすぐ閉店で追い出されちゃうんだけどさ。外には何故かパラパラ踊っている若者多数(笑)不思議だ。あ、人が出てきた。終わったみたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

じょんのび~

今日はひさしぶりに家でゴロゴロしていますぅ~。
妙高で山登って昨日帰って来ました。疲れた~。
でも初めてのバックカントリースキーはメチャ楽しかったです♪
スキレポたまってますが、ちゃんと書きますので待っててね。

ふぁぁ、じょんのび~。
(新潟の方言でゆったりの~んびりすることだそうです)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »