« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

2005シーズンスキーレポート #27

★3月12日(土)GALA湯沢スキー場

相方さんが土曜日仕事になってしまったので、女子オフのCさん&Sさんと新幹線GALAしてきました。いや~ホントGALAって便利ですねぇ。改札→チケットカウンター→ロッカールーム→ゴンドラ→ゲレンデと効率よくまるで工業製品のように運ばれていく我々(笑)この日は天気予報が悪かったので、せめて雨にだけはならないように祈っていたのですが、着いてみたら限りなくみぞれに近いあられ。リフトの上の方はガスってて何も見えましぇん。不整地中心の南エリアは残念ながらCLOSE。仕方ないので北エリアで滑っていたら、あられがどんどん強くなってきて、顔が痛くて痛くて(泣)たまりかねてカフェで超早めのランチしてたらなんと晴れてきたっ!南エリアもOPENしたと聞いてさっそくゴー!

ぢつは前回GALAに来たときはあまりの吹雪にメゲてしまい、中央エリアを数本しか滑ってないので、北も南もわたしは初めて……だったので、いきなり260万ダラーに来ちまったのさ~。後悔したのは言うまでもないっす(笑)なんじゃ~この雪は!!難しすぎ。いやんももももももももももももももももももももももももももももももももももももも(壊れた)

GALAのお天気はロンドン並とは相方さんの名言?ですが、ホント晴れたり降ったりガスったリ忙しいことこの上なし。最後にはとうとう吹雪になっちまったぜい。晴れ女ボロ負け(泣)ここまで9.5連勝のツケが一気に来たか~?!あまりに前が見えなくて、整地でさえ斜面が分からず転ぶ始末。危険を感じて再び北エリアさ移動ばしたら相変わらず前は見えねけんどあんまし人さいねぇテレインパークとかポール練習さ終わった後のコースとかもうバフバフなわけさね♪こげなとこで今年最後?のパウダー食ってもうたよ~♪うほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほ(また壊れた)

…っちゅうことで、オナゴ3人大満足して山さおりたとさ。めでたしめでたし。

※ あわわわわ、前半と後半と違う日に書いたらメチャクチャになってしまいました。お許しくだせえお代官様~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #26

★3月10日(木)菅平高原スキー場

05-03-10_12-26相方さんの代休に合わせて、今シーズン2度目の平日スキーに行ってきました♪前回タダ券が使えなかった菅平の雪辱戦です(笑)またまた朝からピーカン♪しかも気温がメチャ高くて、クルマの外気温計はなんと13度!案の定、雪もすっかり緩んで、ポカポカ陽気に気分もまったり。こりゃもう春スキーだよ…。

今日は大晦日の猛吹雪で何も見えなかったところと、滑ったことのないコースを滑るのが目的です。週末はポールでいっぱいのつばくろも平日は半分くらいは普通に滑れるんですね~。4本ほど滑って太郎エリアへ移動。週末に準指導員の検定があるので、裏太郎ゲレンデには絵に描いたような基礎スキー!(笑)な人がたくさんいて、みんな熱心に練習していました。上手い人の滑りは見ているだけでも参考になりますね。わたしもちょっぴり刺激されて、相方さんにコーチしてもらって小回りの練習なんかしてみたり。太郎ゲレンデでは100円入れてタイムを測定できるフリーポールに挑戦してみましたが、軟雪でコースはすっかりえぐれてるし、緩斜面は滑らないしでダメダメでした…いやもちろん雪のせいじゃないのは重々承知です、はい。

おっきな雪のくまさんと記念撮影をしたあとは、レストランMEL'Sに移動して名物の焼きカレーをいただきました。これはオススメですよ~。菅平にいらしたらぜひ食べてみてくださいね!50's風のお店の雰囲気もなかなか良くて、ついついのんびり過ごしてしまいました。

午後からはダボスエリアに移動。こちらはパークがあったりして、ボーダーくんが多いです。今年は雪が多いのですごい立派なキッカーができています。こんなの飛んで怖くないのかなぁ?菅平はエリアによって住み分けができているようで、緩斜面の多い広々としたダボスエリアはボーダーの他には休日はファミリーが多いようです。とにかく広くて気持ちいい~♪ここは3回目なのですが、こんなにいいところだったとは…(笑)奥ダボスからの根子岳の眺めも峰の原から見るより近くて素敵でした。

結局ラストまで滑ってそのまま帰ったのですが、2時間半ほどで練馬に着いてしまいました。平日は渋滞がなくてホントに楽ですなぁ。あんまり早く着いたので練馬ICのそばのbottomlineでお茶して帰りましたとさ。めでたしめでたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #25

★3月6日(日)峰の原高原スキー場

八方からロッジに戻ってもう一泊して、翌日はいつもの峰の原へ。相変わらず雪質もお天気もサイコー!だったのですが、残念ながら体調が最悪。とても皆さんと一緒にレッスンできる状態ではなかったので、前半はひとりでタラタラと滑っていました。お昼を食べたあたりからなんとか持ち直してきたので、後半はI先生と準指導員のYさんと、もう1人の方と4人でのレッスン。ブーツのバックルを全部外してストック束ねてトレイン(先生の後ろにぴったりついて滑るアレです)という、ウチのクラブにしてはいきなりハードな?レッスンで一気に目がさめました。バックル外すと意識してちゃんとしたポジションに乗らないと滑れないので、ポジションの練習にはとてもよいのだそうです。雪が良くないと危ないですけどね。最後はいつものポール練習後のバーンをバックル外したまま滑りましたが、ここがまた雪がものすごく良かったせいもあって、不思議と怖くなかったです。帰りの温泉で足の裏がとってもダルかったので、やっぱりいつもより運動したんだなぁと実感しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結局

7時40分から9時半過ぎまでたっぷり楽しませてもらいました♪新旧取り混ぜてやってましたが、やっぱりおなじみの曲のほうが盛り上がっちゃうのよね~。新しいアルバムも結構好きなので、新曲をじっくり落ち着いて聴けてよかったです(笑)アンコールでマイケルがチープトリックの武道館ライブの話をしてましたが、そのライブを実際に見てるわたしって…ううう…トシがバレる…(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なるほど~

どうも空いてると思ったら前座があったのね(笑)日本のバンドでしたが、コーラスも演奏もキッチリ決めててまあまあいい感じでした。たった3曲で終わっちゃったけど。ただ今セットチェンジ中です。座席も7割くらい埋まってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開演5分前

050316_1849.jpg
R.E.M.@武道館っす。もうすぐ始まるっつーのに客足が遅いよ~。しかし単独ライブは久々じゃ。わくわく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #24

★3月5日(土)白馬八方尾根スキー場

050305_163201いつものように峰の原のロッジに前泊していたのですが、急遽八方へ行くことになりました。ぢつわ白馬って初めてなんですぅ~。これで妙高に続いてMt.6のうち4つ目の制覇だわん♪Mt.6って、志賀、草津、白馬、妙高、野沢、蔵王のことなんですが、お恥ずかしいことにわたしも相方さんも去年まで志賀と草津しか行ったことなかったという…。志賀はチャレンジマスターで全リフト乗ってたりするんで、カナーリ偏ってますけどね、はい。

この日は朝から雪が降っていて、上の方はガスってて何も見えません。頂上からのコースはかなりの斜度で、雪は思ったより湿ってるし、バーンは荒れてるし、初めてのコースなのに前は見えないしで大変でした。さすがは長野オリンピックのダウンヒルコースにもなった天下の八方、手強い急斜面が延々と続きます。頂上から一番下のゴンドラ乗り場まで逃げるように(何から?)ひたすら下りましたが、最初の1本ですっかり疲れちゃいました。これでお天気と雪さえ良ければメチャ気持ちいいんでしょうけど…。

そこで人の多いゴンドラ沿いの急斜面はやめて、左側のパノラマコースの方へ。このあたりからお天気が回復してきたせいもあるのですが、こちらは比較的空いているせいか雪も締まっていて荒れてなくて、コース幅もあって、とっても滑りやすくて気持ちよかったです。でもまあ皆さん八方に来たからには上級者コースの(っていうかここって8割方上級者コースのような気もしますが)兎平とか黒菱とかに行かなくちゃって思うんでしょうけどね…。

午後遅くにはすっかりいい天気になって、西日に映える白馬三山はまさに筆舌に尽くしがたい美しさでした。気温も下がってきたので雪質が昼間とはまるで変わって、ラストの方はなんとかいい感じで滑れました。残念ながら時間がなくて黒菱のコブ斜面とか挑戦できなかったので、今度はぜひ白馬に泊まって、朝イチから1日かけてじっくり滑ってみたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005シーズンスキーレポート #23

★2月27日(日)峰の原高原スキー場

夜中に降った雪も朝には晴れて、お天気、雪質とも最高です。これでお天気7連勝!こういう雪なら何でもできちゃう♪ってことで、今日はコブの滑り方と、整地のカービング。コブはバターナイフの如く舐めるように滑るのがコツだそうで…。まあ自分の場合それ以前に次のコブに向かってちゃんと体を落としてストック突きにいけるかどうかっていう問題があるんですけどね~。次のコブに…って、え?どこ?!コブは遥か彼方…ってこともしばしば(笑)峰の原のコブ斜面難しすぎ。片方だけえぐれてるんだもんなー。片流れの斜面だから仕方ないのかも…。

整地では皆さん足だけでエッジを立てに行ってるので、体全体を使ってエッジを立てるようにとのW先生からのご指導が。そういうポジションへ体を動かしなさいということなんですが、これが結構難しい~。でも何本か滑っているうちになんとなくこんな感じかなぁ?というのがあって、そこにハマると苦手側の右ターンのほうが何故か気持ちよく抜けていくんですね。どうも右のほうがエッジの角度が斜面に合ってるみたい。得意だと思っていた左ターンは実は足元だけで合わせてたようで、逆にひっかかってぎこちなくなっちゃいました。う~みゅ、ほんとスキーって奥が深いわ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #22

★2月26日(土)サンメドウズ清里・大泉

050226_121500幻の八海山から一週間。なんだかずいぶん長いこと滑ってないような気がする…(笑)この日は1月に一緒に湯沢に行った初心者のNちゃんを誘って、相方さんと3人で清里・大泉へ。実はここは2年前、わたしがNちゃんと同じくスキーを始めて3日目に吉祥寺のOさんに連れてきてもらったスキー場なんです。ファミリー向けで緩斜面が多くて、晴天率も高いし、中央道沿線のNちゃんちからは近いし、いいかなぁと。それにまたJAFの割引でリフト券半額だったしね(笑)

Nちゃんも3日目にしてはかなり上手に緩斜面をボーゲンで滑れるようになりました。そこでせっかくのいい天気なんだから、頂上からの素晴らしい眺めを見ない手はないよ!と一番上まで連れて行ったのですが、やはりここはちょっとキツかったようで…ごめんね~。でも滑り出しの斜度のキツイところはともかく、途中からはカナーリ頑張ってたと思います。自分も2年前にここを下りたときは何回コケたことか…。そのときにもっと上手くなって、いつかこのコースを一度もコケずに下りられるようになろうと心に誓ったのでした(笑)というわけで、今日の個人的な目的はそのときの雪辱だったり。具体的には頂上からのコースを一度もコケずに下りることと、そのときはとても怖くて行けなかった上級者用コースを下りて全コース制覇すること。ここってほんとにファミリーが多いので、逆に急斜面は人が少なくて案外気持ちよかったです。ただ標高が高いのでとにかく寒かったぁ~。スキーのあとは「スパティオ小淵沢 延命の湯」の開放感溢れる素敵な露天風呂でゆっくり暖まりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #21

★2月18日(金)水上宝台樹スキー場

050218_092400今シーズン初めての平日スキーです。宝台樹は前からずっと行ってみたいゲレンデだったので、吉祥寺にいた頃に大変お世話になったOさんに連れてってもらいました。この日も朝からピーカン♪Oさんも日頃の行いがよろしいようで(笑)平日の朝イチは人も少なくて、中央の緩斜面以外はどこも結構斜度があり、しかも北斜面ならではの締まったバーンで、キッチリ圧雪してあって、すっごく気持ちイイー!スラリと足を揃えてキレイにズラしながらコントロールして滑っているベテランのOさんを見習いたかったのですが、もう自分を抑えられません(笑)人がいないのをいことに、研いだばかりのエッジで、思い切りカービングでかっ飛んでしまいました。

ところが、不整地は一変してめちゃくちゃ難しい雪。新雪の表面が凍った状態で、一見コブ状に荒れているのにコブのように硬くはなくて、テールをずらして止めようにも止まらずに流れていってしまいます。かといってそのままフワフワと進めるほど軽くはなくてズブズブ埋まっちゃうし、ちょっとでもトップが引っかかろうものならステン!久しぶりにスキーで雪と戯れることができて、楽しく…ないっつーの!こういう雪ってどうすりゃいいんでしょうねぇ、まったく。Oさんもさすがにこの斜面にはてこずっていましたが、わたしよりはるかに上手に降りてましたね…これが経験値の差なんだなぁと感心。

平日なのにお昼近くになるとだんだん人が増えてきました。ゼッケンをつけた子達がいっぱいいます。ここは結構学校とかいろんな団体がスクールで来ているみたい。なので午後はさすがにバーンも荒れてきて、朝みたいにはかっ飛べませんでしたね。ちょっと油断すると飛ばされそうになったりして結構コワかったです。

結局お昼休みをはさんで朝9時から3時までかなりの本数を滑っちゃいました。こんなに滑り倒したのは女子オフの舞子以来では…(笑)お天気の良さとコースの面白さについつい逝っちゃったって感じです。

帰りは水上の「ひのき」というお蕎麦屋さんで喉越しのよいつるつるの細麺をいただいて、渋滞もなく帰路に着きました。土日だったらこの辺は大渋滞。やっぱり平日はいいなぁ…。

最後になりましたが、Oさんには何から何までお世話になり、本当にありがとうございました。いつまでも元気で一緒に滑りに行きましょうね!また来年もよろしくお願いします。ぺこり。

写真:頂上からの眺め。偶然写ってしまったOさんの影の濃さで日差しの強さがわかります。向こうに見える谷川岳がとっても美しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005シーズンスキーレポート #20

★2月13日(日)峰の原高原スキー場

連休の3日目ともなると、さすがに疲れが出てきます。相方さんも具合悪そうだったので、クラブの皆さんには先に行っていただいて、午後からゆったりスタートしました。う~ん、ロッジでまったりと朝寝するのも気持ちいいなぁ…(笑)

ゲレンデに着いたら、お天気も雪もサイコー!なんかもったいないことしたなぁとちょっぴり後悔しましたが、無理するとあとに響きますからね…前の週みたいに。

この日はW先生と準指導員のMさんに、試しに「底」に乗っていただきました。嬉しいことにお2人ともわたしとブーツのサイズが合っちゃうんですよね♪「底」は板としては問題ないけれど、エッジはちゃんと研いだほうがいいとのこと。やっぱりマイルドすぎるもんなぁ。さっそく翌週bottomlineへ持って行って、エッジ研いでもらいました。この日のワンポイントは、エッジを立てる/外す、ちゃんとそれができるポジションに乗るようにする、でした。たしかにそれを意識して滑ると、体が回ったりしずらくなりますね。う~みゅ、ナルホド。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

言い訳

もう2週間近く更新してなくてごめんなさい。皆さまのコメントのおかげでひーくんもなんとか食いつないでる状態でホントに感謝です。実はすきれぽもこのあと6回分ほどあってもうテキストはほとんどできてるんですが、この文章みたいにオン書き(このコトバもほとんど死語ですね)してるわけじゃないのでなかなかアップする時間がなくて。おっとやばい、課長が帰ってきたので続きはまたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »