« ちょっとぼやき入ってますが… | Main | 2005シーズンスキーレポート #14 »

エスカレーターで立ち止まるときは

大層疲れているのだ。なぜならせっかちな性格故エスカレーターではいつも右側を歩いているからである。しかしなぜ東京のエスカレーターは右側が追い越しレーンなのであろうか。地下鉄の元祖ロンドンではせっかちな輩は左側を歩くのである。ロンドンの地下鉄のエスカレーターはどこもかしこも永田町の如く長いのであるが、一度左側を歩き出したが最後途中で立ち止まることは許されぬ。疲れたら右に移る。誠に秩序正しい営みがごく自然に行われておりストレスがない。エスカレーター自体の速度も日本とは比べものにならぬくらい早い。ところが東京の地下鉄のエスカレーターは速度がやたらと遅いうえに歩く人々も、もう少し気合い入れて歩かんかい!と言いたいくらいのんびりした輩が多く、中年のご婦人ふぜいに至っては右側に堂々と立ち止まって隣と喋っていたりする。ええい、どかんかい!とイライラすることしきり。どうも話が逸れたがこれが大阪に行くと様相が一変する。なんとロンドンと同じ左側通行なんである。なんだかロンドンにいるみたいでウキウキしてくるではないか。しかもさすがは横断歩道にタイマー表示が付いているという大阪、人の流れも心持ち早く気持ちよいのである。ここでふと疑問に思ったのだが、この東西の地下鉄文化の分岐点は一体どのあたりなのであろうか。京都や名古屋では人々はどちら側を歩いているのであろうか。ご存知の方はぜひ教えていただきたい。ちなみに友人の検証によると、うどんのつゆが濃くなるのは豊橋からだそうである。このような考察は非常に興味深いことであるよ。

|

« ちょっとぼやき入ってますが… | Main | 2005シーズンスキーレポート #14 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

ぐぐってみたら、こんなの出てきた↓

http://www.nabenavi.net/column/escalator01.htm

私も九州行った時は東京と同じように右を空けていたような気がします。

Posted by: はぎどん | February 03, 2005 at 11:00 PM

はぎどんさん、ども~!
みんな同じような疑問を持つんですね(笑)
しかし、こりゃすごい統計ですねぇ。
ありがとうございます。

わたしが最初にロンドンに行った頃は、
まだ日本には片側に立つ習慣がなかったので、
とても印象的だった記憶があります。
そういえばトイレや銀行のフォーク並びも、
昔はなかったですよね?
あ、トシが…(^^;)

Posted by: sekiko | February 04, 2005 at 08:39 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27549/2767547

Listed below are links to weblogs that reference エスカレーターで立ち止まるときは:

« ちょっとぼやき入ってますが… | Main | 2005シーズンスキーレポート #14 »