« 森の小さな教会で結婚式を挙げました♪ | Main | BBQオフふたたび@若洲浜海浜公園 »

ニュージーランド音楽事情

…なんて大げさなタイトルをつけてしまいましたが、街中やテレビで耳にした音楽の印象などをちょっとだけ。

英連邦のニュージーランドは、やはりアメリカよりイギリス文化の影響が大きいんですね。レストランのBGMや、CDショップの店頭を飾っているのもイギリスのバンドが多いので、UK好きなわたしには嬉しかったです。レストランでランチしててMassive Attackが流れてきたのにはちょっとびっくりしたなぁ。CDショップの店頭にはFranz FerdinandHivesKeaneが並んでるし、Jamie Cullumがイチオシだったりするし、ここはロンドンか?!でもよく見ると盤はAU/NZ盤で、中身もビミョーに違ってたりするのでレアと言えばレアかも(笑)。ニュージーランドのTVは地上波が4つしかないのですが、チャンネル4は音楽番組が多くて、ここでも毎日のようにイマドキのUKバンドのクリップを流していました。

でもライブとなるとなかなかイギリスのバンドも来ないようで、オーストラリアよりさらに少ないみたい。クライストチャーチではUB40の公演ポスターがあちこちに貼ってありましたが、あとは見かけなかったなぁ。

ニュージーランド産の音楽はというと、クライストチャーチでのイチオシはHayley Westenraっていう女の子。弱冠17歳の美声の歌姫で、日本ではドラマ「白い巨塔」の主題歌(Amazing Grace)を歌っていた子といえばわかるかな?この子が地元クライストチャーチ出身らしくて、どこのCDショップでも一番いい場所にディスプレイされていました。ところが、北島のオークランドに行くと、ちょっと探さないと見つからなかったりするんですよね。パブでラグビー中継を見たときにも思いましたが、東京と大阪みたいに北と南で対抗意識があるというか、文化圏が違うようです。

ニュージーランドのバンドコーナーもいちおうあるにはあるのですが、あまり扱いは大きくなくて、内容もイマイチよくわかりませんでした。不勉強でスミマセン。ニュージーランドオールタイムベストみたいなコンピレーションがあったので1枚買ってみたのですが、Split EndzとCrowded House ばかりやたら入っているという…やはりNeil Finnは国民的英雄なのでしょうか(笑)

|

« 森の小さな教会で結婚式を挙げました♪ | Main | BBQオフふたたび@若洲浜海浜公園 »

旅行」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

うむ、やはりニールフィンはポールマッカトニー級の
大天才だと思いますよ。いい曲いっぱいあるなあ。
で、何かレアものアイテムでも見つけましたか?

Posted by: ミツオ | September 01, 2004 at 05:39 AM

こんにちは。
NZは、XTCが唯一アルバムチャート(Black Sea)で一位に輝いた国だったりして。
あとは、Crowded HouseとMike NockがNZ出身と、世界の料理ショーのグラハム・カーがNZ空軍のケータリングサービスで働いていたこと。
NZの芸能関係のネタというとそれぐらいしか知りません orz

Posted by: [H] | December 17, 2004 at 10:09 PM

XTCがNZでそんなに人気があったなんて知りませんでした。
グラハム・カー、懐かしいですねぇ。
NZ空軍は美味しいもの食べてたんですね。
うらやましい。

Posted by: sekiko | December 18, 2004 at 03:56 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27549/1325963

Listed below are links to weblogs that reference ニュージーランド音楽事情:

« 森の小さな教会で結婚式を挙げました♪ | Main | BBQオフふたたび@若洲浜海浜公園 »